FC2ブログ
2019/12/31//Tue.
蓮弁文壷

今週も本当に

あっという間の1週間

いや

あっという間の1年で

1日1日が速過ぎるわっ



足助資料館に

渥美の真っ黒な壷が展示してあるよって教えてもらったので

チラッと観てきました。



DSC_6406_R.jpg






首は無いけど

灰釉渥美蓮弁文



DSC_6405_R.jpg



この刻線文を観るだけの価値のある



DSC_6382_R.jpg壷で




表面処理と

剥離した灰釉の流れも

見どころ満載でした



もっと興味深い

刻線文の陶片が展示して



DSC_6422_R.jpgありました。



鎌倉時代初頭に


渥美の職人が足助に渡ったかどうかは

分かりませんが


塩狭間古窯が



DSC_6423_R.jpgあったそうで





DSC_6448_R.jpg



その窯で

蓮弁文壷が焼かれていた。

でも土の質感や焼き上りが違うので

文様だけ観てると渥美だけど

渥美じゃないんだなぁ

何で足助に蓮弁文が何であるのだろうか

分からんわぁ



今年最後に

856・857回目のダブルの火入れして

引き出し黒の珈琲カップを



20191229_225709466.jpg焼いてみた。


ジャリジャリの土で挽いたカップが


秒殺の



20191230_104808670.jpgダラダラ漏れで



笑っちゃうわ


なので

最近は聴く音源が無いので

懐かしいの聴いてます。

どっ懐かしいわぁってね
















スポンサーサイト



渥美焼 |

| トップ頁へ |

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]