FC2ブログ
2019/09/26//Thu.
柿平労働組合慰安旅行

今回は

窯焚き労働者に

マイクロバスの免許を取りにってもらい

いつも薪割り手伝ってくれる

21歳から73歳までの労働者プラスαで

柿平労働組合慰安旅行へ



IMG_20190926_130644.jpg行って来ました。



連休明けのド平日にも関わらず

今回は21名バスに




20190924_094457033.jpgブチ込んで



第1目的地の

美濃和紙の工房見学へ



20190924_124114889.jpg出掛け



手漉き和紙の制作工程を見て





20190924_134332900.jpg食べて




次に

美濃のたまり醤油の

醸造所見学して



20190924_145724792.jpg木樽で





20190924_150401568 (1)醤油作りの説明をしてもらい



知ってる様で

全然知らない醤油

木樽から作り滴る血の


20190924_150623475.jpg一滴



大切に味わいたい。

次に長良の友人と合流して

長良川で屋形船に



20190924_180930894.jpg乗り込み



1300年の歴史ある

念願の


20190924_193403794.jpg長良川鵜飼見て



大興奮して

2次会もカレーとプリンセスが興奮して

次の日は

ロープウェイに


20190925_093410418.jpg乗り込み



蝮の道三の



20190925_094405922.jpg岐阜城へ



予定がタイトなので

行ったら直ぐに下山して

移動して

次は

愛知県陶磁美術館で

展示解説と浄瓶を




20190925_122608854.jpg拝み


下のお茶室で

抹茶で



20190925_141132757.jpg一服



してから

瀬戸に住んでいたのに

瀬戸の事を全然知らないので

初めて



20190925_154703821.jpg本業窯へ行き



分かり易く

瀬戸の歴史の説明して


20190925_155017879.jpg頂き


豊橋へ戻って来れました。

無事に往復運転してくれた市川君

マイクロバス免許取立てで気を使う運転本当にありがとう。

今回の慰安旅行

行先は僕の思い付きで決めて

細かく段取りして幹事をしてくれた輝朝

ハカリ君から

柿平労働組合は
一度きりの人生を最高に楽しむ事を目的としており
高い精神性と人間的魅力の向上を目指し
組員は日々心身と精神の鍛錬に努め
これまでの日本を支えてきてくれたご先祖様方に
恥じる事のない日々を過ごしていきます。



行き先も伝えず

誰が来るかも分からない

予算も上がってしまった。

無茶苦茶な旅行へ行きくれた方々には心から感謝します。

また2年後もお願いしますって返信メールだけでも

救われます。

見返りも何も考えすに手伝ってくれる友人

いつも付き合ってくれる友人は

僕の宝でもあり

財産です。

僕も見捨てられないように精進します。

今回のバス旅行

何のトラブルも無く

最高に充実し過ぎで




20190924_110014736.jpg楽しかったぜ。



スポンサーサイト



未分類 |

| トップ頁へ |

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]