FC2ブログ
2019/05/10//Fri.
窯出しと833回目

春の火入れの


窯出しを




DSC_5338_R.jpgしてきました。



今回は3日間のあさっり焼きの

緋色を出さないように

最後閉めて


20190429_184819559.jpgみたのですが





DSC_5422_R.jpg




DSC_5380_R.jpgこの感じ




DSC_5372_R.jpgでたっ



最後の閉め方で

土の色が全然違うので

今回も こうすればあんな感じになるじゃないかなぁって

ハイリスクな実験ばかりで

土は いつもの粘土層だけど

もう少し下層の砂っぽい所をメインに使ったのが

思いの外 へたって

傾いてない 潰れてない壷は1つしか無かったわ

でも 砂っぽさの感じでは

今迄で一番渥美っぽい感じだ。

失敗だか上手くいったのか良くわからんけど

手応えだけはある。


本当にいつもよく手伝ってくれる

応援してくれる


窯焚き部隊の



DSC_5435_R.jpg工作員による




DSC_5429_R.jpg棚板掃除


薪割り部隊にも


新入りが






DSC_5438_R.jpgまた入り


柿平 

直ぐにカビが生えてしまうのが困る

少しでも天日干ししてからしまわないと

またカビてしまう。

柿平では薪の管理が難しい。


薪はある

人は揃ってきた

後はもっと窯焚きをする事だが

先ずは土も壷も作らにゃいかんだわ




窯出したら

グラインダとルーターと布ヤスリで

地獄のザラザラ処理が






DSC_5440_R.jpg待っている


チップは許されない

神経質な仕事




先日、船便の割れた

引き出し黒の833回目の火入れして

穴窯の茶碗と今回の引き出し黒が

切れずに取れたので







DSC_5446_R.jpgホッとした。


急いで発送せにゃいかん



綺麗な夕暮れも




20190505_182235275.jpg小さな幸せ


プライマルスクリームの新しい音源も

発売するのも幸せ










スポンサーサイト



未分類 |

| トップ頁へ |

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]