--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2017/03/25//Sat.
インド

僕は

1976年 昭和51年生まれの今年 

本厄なので

ちょっと珍友と

セントレア発 上海経由 デリー経由のバラナシ空港着で

念願のインドは 


052.jpgバラナシ(ベナレス)





20170316_100009559.jpg聖なる河



057.jpgガンジス河で




今までの悪行を浄められる



002 (2)沐浴をして




20170316_100059400.jpg来ました。


朝晩とガンガーの

マニカルニカ―ガートと言う

ずっと火が途絶える事の無い


135.jpg火葬場



ここで火葬する前に祈り捧げ ガンジス河の水で

清めてから太めの薪で火葬されれ魂は天へ

灰はこの聖なる河 ガンガーへ撒かれる

高く登る火柱

黒焦げた人の足

天へ昇る灰 

嗅いだ事の無い様々な匂い

横たわる牛

ボランティアを名乗る寄付しろガイド

食べ物を物色する

034.jpgクソ犬




ベナレスに3日滞在して

夜行列車で次の町アーグラへ向かう

駅の


1490367274513.jpgホームで



人が布に被され仰向けになり

蠅が集る人の遺体を素通りする日常は

平和ボケして生きる事にもボケている

僕らは観光客でしか無い

その後は

タージマハルのあるアーグラへ泊まり

次の町はタクシーでジャイプールへ行き


1490283715769.jpg泊まり



また夜行列車で

コルビュジェの都市計画の



1490375379055.jpg


1490282796212.jpg



シャンディーガルで3泊して

コルビジェ コルビジェってよく耳にする凄さが



1490367237228.jpg




1490375402771.jpg



1490375344372.jpg



1490367218895.jpg



ほんの少しだけでも感じる事が出来たような気がする

インド旅行

書きたい事は山ほどあるけど

実際に行って感じて欲しい国

インド

いかにゃ本当にわかんないよ

忙しいとか時間が無いとか口にする奴は

絶対に行って欲しいね



20170320_180648845.jpg






スポンサーサイト

未分類 |

| トップ頁へ |

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。