--/--/--//--.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2012/08/14//Tue.
声 ko-e magazine

ロバート イエリンさんが
声 ko-e magazine に紹介文を書いてくれました。

http://www.koemagazine.com/

“So, I was at the cremation of my grandfather, whom I was very close to, and I saw his bones placed into a mass-produced, soulless ceramic urn. I felt this was just not the right receptacle for eternal sleep and thus decided to become a potter,” explains Inayoshi Osamu, a talented mid-30s potter from Toyohashi, Aichi. Just 20 at the time of his grandfather’s passing, he enrolled in ceramic art school soon thereafter and in 2008 established the Inayoshi Ceramic Research Laboratory—he’s that serious about life, his pottery and the afterlife.

Inayoshi also possesses a very ‘playful spirit’ (asobi-gokoro) which he discovered after reading the “Sneering Tea Bowl” by the late eccentric tea master and potter Kamiguchi Guro (1892-1970). The cover of the book shows a smiling Kamiguchi. His eyeglasses are upside down and he’s sipping matcha from a lovely tea bowl… with a straw. Inayoshi loved the aura of the photo, knowing that Kamiguchi was a serious student of ceramic art. Inayoshi embraced a similar seriousness with his research into stoneware called Atsumi pottery of the Heian and Kamakura periods.

In a very short time Inayoshi has developed stylish ash-glazes in azuki-purple and rusty tones, jet-black “action painting” glaze techniques, and stone-textures often with gold or silver dot-glazes for his thoroughly original vessels for the table and tea room. Keep an eye on Inayoshi’s work. His understanding of life and death, beauty and clay vessels for our precious time here would surely make his grandfather proud.

「それは、私をとても可愛がってくれた祖父の葬式でのことでした。私は祖父の遺灰が味気ない陶器の骨壺に無情にも入れられるのを見ました。死んでからそんな味気ない骨壺に入れられたのではたまらないと思い、陶工になる決心をしました」と彼は陶工になったきっかけを説明してくれた。30代半ばの才気あふれる稲吉オサムは愛知県豊橋市の生まれ。20歳の時に祖父が死去して間もなく窯業技術専門学校に入学、2008年には稲吉陶磁研究所を設立した。そして彼はこれまで常に陶芸と自身の人生について真剣に考えてきた。

生真面目に見える稲吉だが旺盛な遊び心も同時に持ち合わせている。それは茶道の家元であり、陶芸家でもあった上口愚朗(1892-1970)の「嗤う茶碗」を読んで感銘を受けたことがきっかけだった。その本の表紙は嗤う上口本人で、眼鏡を逆さまにかけ、美しい茶碗で抹茶を頂いている写真。しかもストローで!上口が真面目な陶工であることを知っていた稲吉はその写真が放つ独特のオーラに衝撃を受けた。やがて彼は平安末期から鎌倉時代にかけて地元の渥美半島で焼かれていた「渥美焼」に対して真剣に取り組むようになっていた。

彼が独自の灰釉を開発するのに時間は掛からなかった。錆を思わせるような紫がかったあずき色のもの、アクション・ペインティングと呼ばれる技法を用いた漆黒のもの、そして石のような質感に金や銀の斑点上塗りを施したものなどだ。彼はこれらを食卓や茶室で使うオリジナルの茶器に施している。稲吉の今後に注目しよう。生と死に対する彼の悟り、そして数々の美しい作品は亡くなった祖父の誇りでもあるに違いない。

スポンサーサイト

未分類 |

| トップ頁へ |

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。