FC2ブログ
2018/08/29//Wed.
土作り

裏山の



20180518_093849183.jpg粘土層で



作った壷が

どうも気に


20180822_112212408.jpg入らない


特に白い粘土は層が薄く余り少ないので

限りある資源

素焼きでも焼いてしまったら土に戻らないから

焼く前に少しでもダメと思って

焼いて良くなった事は100%1度もないので

厳しく検品して

また


IMG_20180828_230430.jpg砕いて




石が多すぎて

大き過ぎたので





20180818_094032050.jpg更に砕いて



水を張ったバケツに



20180818_094807941.jpgドボドボ入れ



次の日くらいに

撹拌機でよく混ぜ

刳り貫き用の茶碗の土は

少し細か目のすいのうで




IMG_20180720_080659.jpg水簸して


水簸して

下に沈殿した粘土と分離した

上水を少しずつ切ったら

急ぐ時は

素焼きの鉢や石膏鉢に入れ

いつもは風呂敷に




IMG_20180802_100356.jpg粘土を





IMG_20180802_100341.jpg入れ



自然と練れる位まで水分を




20180817_105957063.jpg減らしたら



20180817_110249279.jpg練って


とてもよい土だと思っているので


直ぐに使います。


壊してばかりで次の窯詰め

いっぱいになるのだろうか









スポンサーサイト

粘土 |

2018/04/09//Mon.
土の季節

春が来て

土仕事の季節到来なので

裏山の



1523279062157.jpg粘土層へ



土を

掘って

掘って



DSC_2986_R.jpg掘りまくって






1523279052360.jpg土を



練って

練って



DSC_3182_R.jpg練りまくって



薪割り機は便利だけど

土練機なんて物には

頼らないぜ

やっぱり

そろそろ欲しいかな



ずっと前に風化長石を


DSC_3175_R.jpg堀りまくれるよと



声を掛けてくれて

やっと改めて

志野の試験焼成を




DSC_3169_R.jpgしたり



常滑の広口壷を


1523279087154.jpg観て触れて来たり



鯖尽くし


1522400453944.jpgだったり


地元の灰釉陶器を




1523279028165.jpg見てきたり


して


良く食べ

良く働き

よく眠り

今週はレッドスパローを




1523279035206.jpg観てきました。


スパイ映画とかは殆ど観た事が無かったが

予告編で金髪にやられて

心臓に悪いが

これまた面白かったんだわ。













粘土 |

2017/06/18//Sun.
まだまだ

今週は何処にも行けなく

裏山へ土堀りへ出掛け

足場が悪くなって来たからユンボで


1497364204168.jpg




1497364186708.jpg掘ってくれた


鉄分の多い土は

釉薬で使う

1497364169432.jpg原料なので


これからは全て自分の手で掘ってきた原料で釉薬も作るんだ

僕は灰と土と長石をベースに100で釉薬を調合してるんだ

灰は窯焚きで出た灰、うなぎ屋の灰、薪ストーブなど

土は裏山や豊橋南部や柿野など

長石は藤岡の風化長石

粉砕の仕方,精製の仕方により違い

焼成雰囲気や濃度等々色んな条件が重なり合ってできるから

安定はしないだ

自己流だけど使い難い土だけど

これからは地元の




DSC_0270_R.jpg原料だけで行く


最近は

DSC_0251_R.jpg窯出しと



引き出し黒の


DSC_0165_R.jpg丼を引き出してみた



釉薬も丼の形も初めてだ



今日は涼しかったので

製材端をチェーンソーで

1496613704343.jpgカットしてた


まだまだ薪割りは続きそうだ




粘土 |

2017/05/30//Tue.

まだまだ

土木作業が続いてます。



013_R.jpg薪割り




009_R.jpg裏山の土堀り




007_R.jpg軽く砕いて乾燥




001_R.jpg



002 (2)_R



この季節は猫ちゃんの手も借りたいくらいだ










粘土 |

2016/09/04//Sun.
裏山の土掘り

少しだけ涼しなって来たので

裏山へ粘土を掘りに行ってきました。

今なら重機が動かせるので

手の届かない高い所の粘土を掘ってくれました。




053.jpg




粘土 |

2012/07/18//Wed.
この季節は

この季節は

こつこつと


003 (3)灰を




002 (4)濾したり




014 (2)この妻木の蛙目粘土は




余りにも硅石が多すぎるので

しっかり天日干しして

細かく




010 (4)叩いて




001 (3)水簸したりすると



こんなに沢山




IMG_0717.jpg硅石が引っ掛かるので



それも使います

今は


015.jpg土作りの季節です


粘土 |

| トップ頁へ |

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad