fc2ブログ
2023/10/27//Fri.
仙台

もう

このまま放置かと思いましたが

更新することにした。

Inayoshi osamu  Exhibitions 




_ASA1126_R.jpg




2023年11月9日~15日

午前10時~午後7時 (最終日は午後4時半閉)

藤崎本店 本館6階 美術ギャラリー

仙台市青葉区一番町三丁目2の17

Tel 022-261-5111

壷ばっかり



_ASA1133_R.jpg


茶碗とか酒器はありますが

食器とかは

余りありませんので

エッジの利いた器はあります。

良い物ばっかり


_ASA4657-Edit_R.jpg



僕はね

仙台



394292147_10226081372766512_3769008617081262565_n.jpg


宜しければ

どうぞ





received_1028172331553591.jpeg



自然釉広口壷壷 私

生花 味岡伸太郎

くちなしの紅葉







スポンサーサイト



展示 |

2022/11/16//Wed.
裏山文庫

Inayoshi osamu Exhibitions
atsumi by urayamabunko


received_421212736756740.jpeg渥美



2022年11月26日(土)27日(日)28日(月) 29日(火)
10:00-18:00 (最終日のみ17:00迄)
・入場無料
・会場 裏山文庫
https://m.facebook.com/urayamabunko
____________________
トークイベント&ご立食 (予約制)
@yamazaki.urayama
「作る人、研究する人、使う人からみた渥美窯」
日時: 2022年11月26日(土)
限定20名
会費5,000円
(古美術雑誌「目の眼」12月号・稲吉オサム作一輪挿し豆壺・飲食等を含む)
・18時より随時立食スタート。
フランス料理アトワタンによる季節の地元食材を使ったビュッフェ、ワイン、日本酒等をお楽しみください。(ノンアルコールもご用意)
平安時代の山茶碗、稲吉オサム作の山茶碗をお使い頂けます。
※飲食運転ダメぜったい。
飲酒運転する人 
嫌いよ
・19時より裏山文庫にてトークイベントスタート。
1部 : 稲吉オサム&増山禎之(田原市博物館館長)30分程度 目の眼で話足りない続き
2部 : 稲吉オサム&山田康平(フランス料理アトワタン店主、山田シェフのお店で器を使ってくれたり窯焚き手伝ってくれたり地域と人を愛するシェフ)
____________________
愛知県豊橋市南栄町字空池8-100 『呉服の山正山﨑』店舗裏。
[お車でお越し場合]
お車でお越しの際は呉服の山正山﨑駐車場(第1P、第2P)をご利用頂き裏山文庫へ直接歩いてお越しください。詳しくは地図をご覧下さい。
[公共交通機関の場合]
最寄駅 豊橋鉄道渥美線 南栄駅 下車徒歩2分 (JR・名鉄「JR豊橋駅」から豊橋鉄道渥美線に乗換)
・大変小さな会場ですので混雑状況によっては外でお待ち頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。
・壊れやすい貴重な物がございますので小さなお子様連れのお客様はお子様から目をはなさないようお願い申し上げます。
____________________
稲吉 オサム
1976 愛知県豊橋市生まれ。
____________________
増山禎之
1963年愛知県田原市生まれ。
1989年田原町役場に奉職。
現在の田原市博物館建設、
吉胡貝塚資料館建設を担当。
現在田原市博物館館長。
日本考古学協会員
縄文時代、中世渥美窯の勉強を主にする。
____________________
山田康平
1982年豊川市生まれ
2005年愛知大学現代中国学部卒業
2006年広島県広島市レストランOGAWAにてフランス料理を学び始める
2011年フランス ブルゴーニュ レストランベナトン
2012年フランス パリ  レストランジャディス
2013年ホテルアークリッシュ KEI
2014年豊橋市にてアトワタン開業

久し振りの豊橋での展示
裏山文庫の山崎さんによるしつらえなので
それだけでも楽しみの展示です。
4日間だけですが
宜しければ
是非
今回の展示はSNSだけの告知とさせて頂きます。

展示 |

2022/03/23//Wed.
最近は

最近は

もちろん鰻を



20220308_120544223.jpg喰らい



長男が高校を卒業し来年から専門学校へ行くので

拓ちゃんのお店(オーダースーツ&会員制のBar)

テーラー・ジャソール(ジャズ&ソウルの造語)で



20220316_180347765.jpgお願いした。



高校のブレザーから体系に合ったスーツに変わるだけで雰囲気も変わり

身長も同じ背丈になり何だかとても良い瞬間に立ち会えた様な気がした。



下の息子も小学校を



20220318_122941900.jpg卒業をし





卒業式で将来の目標を大声で言う場面では

そんなこと言って

親としては参ったぁとしか

目標が無い人が多いのに目標がある事はとても良い。

でも参ったなぁ



ギャラリー数寄さんの向かいの

味噌カツのエコーが


20220312_100635555.jpg閉店をし



20220312_100616417.jpg取り壊されてしまった。


いやぁまた好きな店、昭和が姿をけした。

残念で仕方ない



ギャラリー数寄

味岡伸太郎vs私展

無事に


DSC_0740_R.jpg終わりました。


親子の年齢差でキャリアも違い過ぎ

展示の話が来てから今年に入り左の目蓋が

ピクピクと痙攣が始まるが

二人展が始まり10日程過ぎたらその痙攣は治った。

自分ではそこまで感じて無かったが気を張りすぎていたのか

それは圧力とストレスだっただろうか

身体は悲鳴をあげていたことは数人しか知らないが

とても充実してやりがいのある展示が出来たが

あぁしとけば良かったなぁと思う所があるがそれは次に繋げよう

愛知県内ですがちょっと辺鄙な江南市までお越しくださりありがとうございました。




DSC_0476_R.jpg




DSC_0805_R.jpg



20220319_171039048.jpg



破れ広口壷を風炉に見立て

サーファーガールのキヨ先生に



DSC_0830_R.jpgお茶を点てて頂き





20220319_100239976.jpg



20220320_114022440.jpg



御褒美に

40周年記念ラッシュで

30年振りのツアーへ


20220318_204841230.jpg出掛けてきました。






好きな曲ばかりで

一瞬で昔に戻り

また現実に戻る素敵な時間でした。


展示 |

2022/02/07//Mon.

2022.3.5~21 来月

江南市のギャラリー数寄さんで

親子の年の差で大先輩

美術家、味岡伸太郎vs稲吉オサム2人展

「裂」をテーマに



それから連想する作品を展示させて頂きます。



Screenshot_20220118-123114_OfficeSuite.jpg




Screenshot_20220118-123003_OfficeSuite.jpg





Screenshot_20220118-123038_OfficeSuite.jpg




Screenshot_20220118-123058_OfficeSuite.jpg



僕は地味で小さな陶器ばかりだけですが

味岡先生は泥染め茶室、書、立体彫刻、茶碗、土等々見応えある展示になると思います。

いや

1階2階と空間を全部支配されていと思います。

裂は布の切れ端でもある。

会期中の土・日・祝日には、

土染めの茶室「泥裂亭」にて呈茶いたします。

2人とも土日祝は在廊します。

10:00-18:00 祝日を除く月・火休廊

オープニングトーク

2022.3.5 15:00

井上昇治(ライター/「OutermostNAGOYA」主宰)

×味岡伸太郎 と 私

人前で今まで全く話した事が無いので

2度と話さないか話すのが楽しくて病み付きになるか

両極だと思います。

オープニングパーティー

2022.3.5 16:30-18:00

宜しければ

どうぞ


二人展のテーマは













展示 |

2021/11/29//Mon.
終わりました。

ロバートイエリンやきものギャラリーでの




20211119_110553.jpg個展




20211119_110428.jpg終わりました。



僕も仕事場を引っ越し、イエリンさんもギャラリーを引っ越してから

初めての個展をさせて頂きました。

外国からのお客さんは今回は無いですが発信の仕方で色々と


20211121_120459.jpg海を渡る事になり



新しい出会いや気の合う方とも知り合えたり

ハッと気付かせてもらったりと4日間京都行きましたが展示して





20211128_163251.jpg良かったです。


会期中

国立博物館の畠山記念館の



20211120_093650.jpg名品展


ギャラリー行く前に行き2度行き

とても良かったので

2時間じゃ足りないけどもう一度行けたらと



僕の茶碗のボディに
漆作家の藤野征一郎さんとの合作 



_MG_6458-Edit (1)陶胎漆茶碗

 


(釉薬の掛かってない陶に漆を塗り重ねる) 


イエリンさんの個展に展示してもらいましが

直ぐに嫁ぎ先が決まり、もっと見てもらいたかったですが

また実物を見てもらえるようにさっそく茶碗造りから始めるも更に良くなると確信

僕の制作よりも漆の作業行程の多さ、手間隙には頭が下がります。

極上の窯出しも声が出るが藤野さんの茶碗を見た時の興奮は誰も知らない。

艶やかで緊張感もあり自分が欲しくなるほどカッコいい茶碗でした。




20211129_124843.jpg鰻も食べて

また明日から

マイペースでやろう


見に行ってくれた方

イエリンさん そち先生 

お疲れさまでした。

木箱屋さんの繁忙期の為 かなり遅くなると思いますので 少々お待ちを


展示 |

2021/09/12//Sun.
延期

今週は

あいち朝日遺跡ミュージアムへ

赤彩土器を


20210911_154432.jpg見たり


使って無い電気窯があり

使いたい方が居たので取りに来て


20210909_112019.jpgもらいました。



最近は鰻が食べたくて食べたくて

鰻は絶対炭火なので

炭火の鰻を



20210908_123923207.jpg



20210903_131241.jpg






20210911_131034630.jpg


20210909_120607.jpg



20210904_131537.jpg



20210905_182804.jpg



20210906_123118372.jpg



20210908_122232756.jpg白焼きも


殆ど初めての店へ

うどん屋、うなぎ屋ってのは一人で行きやすく

鰻を焼いたり捌いたり手元が見える店なら尚良し

楽しかった。



次の金曜日から多治見市のセラミックパーク美濃で

渥美の広口壷と蓮弁文壷(焼き上がりが常滑見たいですが)を

展示してもらう予定でしたが

国際陶磁器フェスティバル美濃’21」の会期変更及び開催方針等について
お知らせ 2021.09.10
国際陶磁器フェスティバル美濃'21の会期が以下の通り変更となりました
【変更後】​2021年9月30日(木)~10月17日(日)

新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑み、「国際陶磁器フェスティバル美濃’21」の会期を短縮し、開催方針等を次のとおりとすることが決定しました。

【開催事業】
 ●第12回国際陶磁器展美濃
 ●セラミックバレーと世界の陶磁器展
 ※会期終了後、WEB展覧会を開催予定

【中止事業】
・アール・ブリュット美濃展
・未来のタイル・コンペティション展示会(WEB投票は開催)
・第8回専攻科陶芸展&CROSS-INTERACTION 陶芸教育機関の交流展
・aside of ICF MINO展示会(市内の展示販売は共催団体が開催)
・可児陶芸協会 今、桃山リスペクト
・美濃Reランチ
・お茶会に行こう
・ヘレンドカフェ

※事業の詳細についてはイベントページよりご確認ください。

良かったら
どうぞ



FB_IMG_1631442973548.jpg

展示 |

2021/06/06//Sun.
アナログ

もう開催中ですみません

2021.6.5ー6.27

久し振りに豊川市のアナログさんにて展示させて貰います。



Screenshot_20210527-003502_Drive.jpg



豊橋から豊川へ移転して6年振りの展示

いつもと違う事が出来る場所なので

23日の水曜日はdeliさんのカオマンガイ

27日の最終日はサンデースパイスさんと

腹一杯楽しいことしようかなと

新作の三耳壷、四耳壷、時事壷も

時間のある時にゆっくり見に来て欲しいです。

豊川市新桜町通り1丁目3ー2

11:00~20:00 火曜定休

www.analog-tool.com

5日は在廊しました。

12.23.27在廊します。


時事壷



20210605_115642 (1)ゆっくり



見て頂きたいです。


展示 |

2021/05/11//Tue.
石巻神社

最近の改修工事は

黒い



20210510_154757.jpgペンキを





20210505_162301.jpg塗ったり


猫、ハクビシン、ムカデ、蛇が室内に入ってこないように


信長塀の様に瓦で


20210506_150911.jpg塞いでもらい


石巻神社での展示で

前日に裏山文庫さんと



20210508_152759.jpg掃除へ



20210508_152024.jpg行き


神聖な場所なので

当日はとても気持ちよく



image0 (1)展示出来ました。



地元のイベントで

裏山文庫の山崎さんの渥美古壷と

最近、僕が作りました渥美の摸写の壷の新旧の展示

石巻神社へ来てくれてありがとうございました。

17年位前に初めて仕事場を石巻山麓で貸して頂き、(1年位で大家さんが亡くなられ立ち退き)

休憩には展望台に行ったり思いがあり

今は15年借りていた仕事場を引っ越しのタイミングもあり、

初心に帰る気持ちでこの様な地元のイベントでの展示をさせていただきました。

地元でも渥美のやきものの認知度の低さに驚きませんが

少しでも知って頂けたらと思い

今後とも地味な活動でもしていこうと思っています。


第1回目と言う事で、揉め事無く、事故無く終わって

本当に良かったと思います。

主催関係者、五島列島出身の交通整理人

本当にお疲れ様でした。

拓ちゃん声掛けてくれて

ありがとう

冷や冷やして楽しかったよ


20210511_213024.jpgお疲れ様でした。

翌日の


20210510_085022.jpg掃除も


殆どゴミも落ちて無く

とても良い日曜のひるま出来た。


お疲れさんの

御褒美に


20210510_183538.jpg喰らった事は


4人しか

知らない








展示 |

2020/12/20//Sun.
展示納め

京都のギャラリー



20201212_122110.jpg翫粋さんでの




茶碗と壷の個展





20201214_223339.jpg終わりました。


渥美の壷も仏器で骨壺と言うことで

仏手柑と稚児松を活けて



20201211_182409.jpg下さいました。


ギャラリーの方がお坊さんとあって

仏器の事など話す事がとても勉強になり

やっぱり

4日間在廊しましたがちゃんと人と会話をし意見を言い合う

だがら僕は作り続けて

どんな時でも新作を発表し個展をするから在廊する

1人でも来てくれるなら僕は行く

かなり遠方からも

数年振りにお会いできた方も

そんな時しか新しい人に会わない事もある

コロナ第三波で人は少なかったけど

行って良かったと思う

結局今年はコロナだコロナだ言われても

いつも通りに展示が出来た事

声を掛けてくれたギャラリーの方に感謝しかないね

今年の展示は終わり

来年に向けて

薪割りだな



初めて聞いた時の衝撃







ライヴ行って観たかったわ

本物



展示 |

2020/12/11//Fri.
今日から

今日から

京都のギャラリー翫粋さんにて

十碗十壷の個展をさせて頂きます。

この御時世ですが

1人でも観に来てくれる方が居るので始めの週末は在廊します。



_ASA6875.jpgDM作品


https://www.gansui-kyoto.com/




豊橋丸栄「ほの国百貨店」で4回個展をさせて頂き

担当してくれた方が8日に亡くなられた。

開店から今年の3月に閉店するまで勤続45年間

この方しか画廊が勤まらない専門的な職種

色々と御指導アドバイスを頂き、この方に担当してもらいたいと思う程

本当に人間として素晴らしい方で

どんな事でも直ぐに報告し相談し親身になって考えてくれ

僕にとって本当に叱って注意して作家とは、と導いてくれた方でした。

15年位前に知り合い 地元で個展をするなら、この方と決めていたので

地元で初個展をするまでに10年は掛かりました。

それまで地元では個展はせずに

10年目位で

よしっ

そろそろやるかの

一言は今でも忘れられない

短い間ですが4回も担当してくれた事

4回目の最後の個展は

豊橋丸栄の閉店の知らせを受け

このまま閉店して終わってしまうのも何だか寂しく

もう一度仕事がしたいと思い

その時は既に大きな病気をして治療療養中でしたが

本当に無理を言って急遽、閉店最後の個展を担当してもらい

1日に数時間だけですが毎日来てくれて

本当にお客さんにも慕われ信頼されてる方だなと思った。

本当に人もお客も作り手も沢山観てるので

一言一言が素直に聞き入れれる

僕を叱って注意してくれる大切な方が1人居なっなってしまった。

最後に勢川本店で

二人で中華そばも上手いんだと言って

喰らったことが最後になった。

もう1つ相談したい事があったけど

出来ずに終わったのが悔やまれる

今泉さんなら

こう言うだろうな

今泉さんの思う作家像に少しでも近付けるように精進します。

心からお悔やみ申し上げます。

本当にお世話になりました。

一緒に仕事が出来た事に感謝します。



展示 |

| トップ頁へ | 次へ »

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]