FC2ブログ
2019/08/20//Tue.
重い腰

やっと 

重い腰を上げ

茶碗を作り



20190820_191112824.jpg始めました。



高台も

点で受け止めるように




IMG_20190820_195247.jpg気を付け


最近

引き出し黒を焼いてなかったので

これから黒を集中してやるぞ



一昨日は

名古屋で展示してたので

チラッと



DSC_5859_R.jpg観に行って



こちらは

初めて



20190818_140023014.jpg行ってみた。




来館者は誰も居ないが

興味深い資料も観れて良かった。

終戦の時だけは戦争関係の放送が多いけど

放送も

ピタッと終わってしまい

楽しみが減った。

今年は特に戦争の語り部の様な事が

一気に減ったような気がする

確かに戦地に赴居た方は既に90歳以上だ

想像をはるかに超えた経験をしている事だけは間違いない。

話したくない人もいる

思い出したくない事もある

墓場に持って行きたい事だってある

僕ら現代人は

山茶碗に伊勢海老のカレーを



20190819_122648491.jpg食べられる


本当に幸せな事だ

贅沢は

たまにで良い

質素倹約が良い。












IMG_4403.jpg






スポンサーサイト



未分類 |

2019/07/26//Fri.
窯出し

先日の穴窯

窯出しました。




DSC_5714 (2)渥美壷




今回は燃料を

始めから中盤まで杉の端材を使い

中盤から終わりまで

いちょうの木を中心に松と雑木を使用し

そこだけは狙っていた

自然釉が取れたので





20190720_201346506.jpg良しとしよう



次の次の窯焚きの木が足りないので


涼しい時間帯に



20190725_175245436.jpg玉切りしてます。



半永久口約束の場所の木は

今はクスノキばっかりで

イチョウより香りは良いけど

これがまた割りにくいんだ

ひと窯 クスノキで焼いてみたいもんだ



NYの展示が8月2日まで延長になり

今日から

京都の翫粋さんにて山茶碗2人展させて





_ASA3800-Edit_R.jpg頂きます。



27・28日と8月3日も在廊致します。

うだるような暑さですが

宜しくお願い致します。














未分類 |

2019/07/15//Mon.
アシナガ

窯出し迄

毎日、悶々としております。

秋の窯の薪が足りないので

様子を見ながら薪割りして





20190713_122323335.jpg運んでいたら





20190713_122918330.jpgでたっ


アシナガ蜂に

胸を


20190713_122809791.jpgやられたぜ



前回のスズメバチに顔を刺されたより

痛くは無いが

今回は赤味と晴れが酷いわ

穴窯 薪の仕事をするようになってから

マダニと蜂には人気があるんです。

そんな事なので

836回目のガス窯の




20190714_224559981.jpg火入れして



山茶碗の



20190715_194158107.jpg窯出して



出来るだけ


その時代の渥美の山茶碗を忠実に作りたい



ポイントが多過ぎて難しいが

これだけ作って壊してやってりゃ

少しは上手くなってきた感じはする



問題は焼き上がりなんだわ



穴窯の窯出しを

少しだけ


DSC_5594_R.jpgして来ました。



今回も派手に行ってるが

中々良い感じだぞ
























未分類 |

2019/07/11//Thu.
窯焚き

急遽

7月の梅雨時のじめじめシーズンに

今回は頼りになる少人数の精鋭だけで

4日間火入れをして



IMG_20190705_100813.jpg来ました。



この季節

薪は湿気湿気

蚊に出鱈目刺されてどっ痒いし

食材は傷みやすいし

そんな中

初日から4日間通しの独立したての新人と

3日間通しで手伝ってくれた

最年長73歳の大島さんの

地味にささやかな




20190705_131734838.jpgお誕生会もして


大島さん73歳

キースリチャーズより若いんだから

まだまだ馬車馬のように働いてもらおうかね

新入りも

朝から朝までぶっ通しで焚いてくれたから

柿平の湯に浸かって

身体を清め


20190706_234623487.jpg癒してもらい


バイト代は

27時間労働なので



20190707_114454949.jpg27カバ




今回は

何故か薪の消費量がいつもより多くて早くて

1回の投入約4分

秋の窯焚き分の薪も

かなり使ってしまったので

急いで薪割り開始だな



今回の火入れ4日目の炉内の様子は

広口壷が



DSC_5542_R.jpgぺちゃんこだぜ



こりゃ

窯出しが待ち遠しいが

若しかしたら若しかしてがあるかもしれないので

急いで

またマダニ



IMG_20190709_143605.jpg発見して


山茶盌を




20190710_190139756.jpg作っておきました。



今回は山茶碗造り ちょっとコツを掴んだような気がする

そんな

山茶碗の展示が

2019.7.26 ~ 8.6

京都の 陶 翫粋さんにて

十碗 十碗 plus 100

猿投の深谷和紀氏と僕とで

猿投と渥美の山茶碗展



1908iyofykB4.jpgさせて頂きます。



深谷君とは瀬戸の学校の同期で

猿投の発掘・復元古窯をしてる

数少ない友人です。

深谷君は7.26 27 28 在廊

僕は7.27 28 在廊させて頂きます。

良かったら

どうぞ


陶 翫粋 (がんすい)

開廊 12:00 - 19:00

(会期中無休)

602-0074

京都市上京区堀川寺之内上ル下天神町653 エクセル堀川1F

http://www.gansui.gallery/index.html





まだ窯出しまで日がある

この悶々がたまらないが

窯出し迄いつも絶対に変な夢を見るが

今回もさっそく

今迄の借金の取り立てられる夢を見た。

本当に夢で良かったぜ





未分類 |

2019/07/04//Thu.
窯詰め

今回は

この季節に焼くつもり無かったのですが

ギャラリーとの狙い違いで

急遽

壷と山茶碗の

窯詰めして




20190702_152211482.jpg来ました。



窯の中は1人

誰にも邪魔をされずに火の流れ

場所によっての灰の付き具合

置き方、角度等々

今迄の窯出しを参考にしながら想像する事で

普段の生活から離れる時間

窯の中は僕の聖域

誰にも邪魔をされたくない

前回よりも1日多く火入れするので

試したい事も多く

色々遊べた窯詰めが出来たかな

若しかしたら奥から火前まで約4メートル

全てくっ付いで出てくる可能性も大

山茶碗

前よりか良くなったとは思うが

窯詰めようと最終検品したら

どうにも気に入らないので

限りある資源無駄にしたくないので

細かく砕いて

土に戻した方が


IMG_20190704_230815.jpg良いんだわ


土が勿体無い

窯詰め前に変なもん焼いて

良いものが出て来る

訳無いからである。














未分類 |

2019/06/29//Sat.
窯詰め

前回の窯出しで

耐火度のある砂っぽい土が

渥美を作るには今までで一番良い感じで焼けたので

急いで


20190619_100036542.jpg掘りに出掛け



少し遅れたけど

プライマルスクリームの新譜を


20190627_060959691.jpg手に入れたので



ご機嫌に聴きながら

急いで


山茶碗と小壷を



20190629_150733593.jpg作って


窯詰めが



20190629_145331077.jpg始まりました。



天気予報も青空が全く無い予報で

柿平ジメジメ湿度500%

割った薪がカビて来て

参ったぜ














未分類 |

2019/06/18//Tue.
秋葉神社

もうすぐ

来月は穴窯の火入れなので

秋葉神社へ新しいお札を頂きに

行って来ました。


IMG_20190618_220018.jpg


500円でおみくじと

生の小皿3枚投げられる



20190616_123132322.jpg天狗の皿投げをして


生のお皿に願いを

無火災と極上 極上 極上と安全と書いて

輪の中に入れるんだけど

ノーコンの僕が2枚も輪っかの中に入るのは気持ちが良かった。

良い窯焚きが出来そうな予感がする



最近は

田原市博物館で栄養補給して



20190611_091318429.jpg



20190611_091514232.jpg


浜松市博物館でも

天竜川の


20190616_095343152.jpgパイオニア展では


弥生と須恵器に



20190616_095016896.jpg




20190616_095555800.jpg魅了され。



細江の銅鐸資料館へ

久し振りに行ったら

偶然 渥美の壷が三点展示してあり

壷の中に吸い込まれるかのように

身体がすーっと吸い寄せられた

蓮弁文壷が




20190616_144439388.jpg観れるとは



思いがけない所でばったり

見た事の無い渥美の壷に出会うと興奮する

なぜ 湖西の壷では無く

渥美の骨壷があるのか



天竜は二俣に在った

スパイ・ゲリラ・諜報活動を養成する

小野田寛郎少尉の母校



20190616_131436931.jpg陸軍中野学校二俣分校跡へ寄り


当時の建物は何も残ってませんでしたが


1度でも小野田少尉の講演を聴きたかった。










IMG_20190616_205806.jpg










未分類 |

2019/05/27//Mon.
急遽

急遽

7月に火入れとなり

急いで

山茶碗用の土を



20190527_142219515.jpg作り



壷も


20190527_175657359.jpg作り



仕事場の雨漏りで




20190521_092248692.jpg崩れ


天気が良いので

薪割り





20190526_161354553.jpgして


1人で薪割りは捗らず



最後の壷の発送も


無事に


20190510_130551235.jpg届かなかった。


久し振りにスーツケースで

出掛ける準備も


20190526_232950122.jpg出来た。




地球の裏側で

本当に展示をしているのか

見に行って来ます。


30日の6時から8時まで

在廊致します。


良かった

どうぞ


OSAMU POSTER1 (1)


























未分類 |

2019/05/18//Sat.
撮影

窯出しした

壷の撮影を





20190515_215754391 (1)





20190515_212516549.jpgしてもらい


頼まれた器をガス窯で焼いたので


窯出しも



20190518_202702769.jpgした。



せっせ


せっせと


20190518_132751934.jpg薪割りをして



割っても割っても

全然減らない

嬉しい悲鳴

バイト代も最近は奮発して

半日では



20190515_173946230.jpg1カッパミニ





IMG_20190518_173827.jpg薪運びは


1時間


20190518_140810451.jpg1タラ



20190518_141037161 (1)食べながら帰るんかいっ






大映の京マチ子さんが



IMG_20190518_204022.jpg亡くなられた。


僕の好きな映画には




20190518_213636818.jpg赤線地帯



ミッキー役で

どうやっ

8頭身やでっ

ビーナスやでって

ご冥福を祈ります。




1881年の武士の着色ジャケットが素敵だったので

ジャケ買い



DSC_5506_R.jpgした。
























未分類 |

2019/05/10//Fri.
窯出しと833回目

春の火入れの


窯出しを




DSC_5338_R.jpgしてきました。



今回は3日間のあさっり焼きの

緋色を出さないように

最後閉めて


20190429_184819559.jpgみたのですが





DSC_5422_R.jpg




DSC_5380_R.jpgこの感じ




DSC_5372_R.jpgでたっ



最後の閉め方で

土の色が全然違うので

今回も こうすればあんな感じになるじゃないかなぁって

ハイリスクな実験ばかりで

土は いつもの粘土層だけど

もう少し下層の砂っぽい所をメインに使ったのが

思いの外 へたって

傾いてない 潰れてない壷は1つしか無かったわ

でも 砂っぽさの感じでは

今迄で一番渥美っぽい感じだ。

失敗だか上手くいったのか良くわからんけど

手応えだけはある。


本当にいつもよく手伝ってくれる

応援してくれる


窯焚き部隊の



DSC_5435_R.jpg工作員による




DSC_5429_R.jpg棚板掃除


薪割り部隊にも


新入りが






DSC_5438_R.jpgまた入り


柿平 

直ぐにカビが生えてしまうのが困る

少しでも天日干ししてからしまわないと

またカビてしまう。

柿平では薪の管理が難しい。


薪はある

人は揃ってきた

後はもっと窯焚きをする事だが

先ずは土も壷も作らにゃいかんだわ




窯出したら

グラインダとルーターと布ヤスリで

地獄のザラザラ処理が






DSC_5440_R.jpg待っている


チップは許されない

神経質な仕事




先日、船便の割れた

引き出し黒の833回目の火入れして

穴窯の茶碗と今回の引き出し黒が

切れずに取れたので







DSC_5446_R.jpgホッとした。


急いで発送せにゃいかん



綺麗な夕暮れも




20190505_182235275.jpg小さな幸せ


プライマルスクリームの新しい音源も

発売するのも幸せ










未分類 |

| トップ頁へ | 次へ »

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]