FC2ブログ
2018/12/10//Mon.
ベトナム

珍友の

建築設計士



DSC_4316_R.jpgプーチン松本君と


同じ年の知人がハノイに割烹料理店

割烹石田をオープン

オープン少し前でしたがお祝い持って


DSC_4208_R.jpg行って来ました。



石田さん以外は皆ベトナムの従業員で

料理の半分は地元の食材で

ベトナムのシャコや鰻や生牡蠣や色々


DSC_4215_R.jpgベトナムすっぽん


料理もベトナムの方の接客の色々ごちそうでした。

楽しかった。

ハノイへ行く時は是非


DSC_4197_R.jpg割烹石田





もう1つの目的

ホーチミンへ飛んで

ベトナム戦争博物館へ行き

沢田教一氏の安全への逃避の





DSC_4515_R.jpg写真を観て


僕が生まれる少し前に終わったベトナム戦争の事を

エージェントオレンジ

ダイオキシンが大量に含まれた枯葉剤の事を等々

幼い頃、ベトちゃんドクちゃんの放送が多く

それ以外の枯葉剤の被害の方の写真が衝撃でした。

戦争は終わってもその後の傷は深く

戦争の傷跡の知らない事が多過ぎるので

少しでも現地で観て感じたかった。





DSC_4518_R.jpg



DSC_4519_R.jpg




DSC_4110_R.jpg


それだけでも行けて良かった。

後は焼き物見に行ったり


DSC_4098.jpg




DSC_4183_R.jpg




DSC_4322_R.jpg




DSC_4290_R.jpg建物観たり



本やネットで観た情報だけで

自分が行った気になって話してくる奴

現地の空気感 スケール感は行かにゃわからんね

最近は1年に1度は

違う国へ行くようにしてるから

個展前だが、無理矢理にでも予定を決めて行ってきました。

そうでないとやる事だけは山のようにあるから

行けないので 行って



DSC_4705.jpg良かったぜ



さぁ今日から最後の追い込み


DSC_4743_R.jpg楽しみます。


僕の特技

どんな事でも 嫌な事でも


DSC_4379_R.jpg楽しめます。




スポンサーサイト

未分類 |

2018/11/29//Thu.
寒くなる前に

今日は

ガス窯で817回目の火入れ

久し振りに



DSC_4060_R.jpg引き出し黒を



DSC_4072_R.jpg焼いた。



最近 ほんの少しだけ手ごたえを感じている

この感じで焼いていこう



最近は

薪割りを



20181123_145134846.jpg一区切りして



本格的に冬が到来する前に


砂っぽい土が欲しかったので




DSC_4057_R.jpg掘らしてもらい



形が気に入らないものは

大切な土が勿体無いので



DSC_4059_R.jpg砕いて再生して




土の仕事もこれで



20181127_161818928.jpg一区切りして




珍友の松村君の設計した




DSC_4038_R.jpg大原邸へ



自然練り込みの陶板を

取り付けに行って



DSC_4043_R.jpg来ました。



窯詰め・窯焚き・薪割り・土堀り・茶碗や壷を作るのも楽しいけど

やっぱり現場作業が好きだ

ザラザラ処理はちょっと苦手だが

やっと殆ど終わって

水漏れ



DSC_4051_R.jpgチェックして



ダラダラ漏れ以外

多少じわぁーって漏れるのは合格で

微妙な合格ラインだ



毎年 豊橋市の


20181123_112250221.jpg正宗寺の



秋の大寄せの紅葉茶会へ




b7bb6090362c438d78f3d8eaa4682a70--japanese-style-kimono_R.jpg行っている



何か好きなんだね







未分類 |

2018/11/20//Tue.
窯出し

柿平労働組合の



DSC_4025_R.jpg工作員と



焼き直し窯の

窯出しをして



DSC_4014_R.jpg



DSC_4032_R.jpgきました。


ここ数年

穴窯の魅力にどっぷり嵌まってしまい

閉め方の冒険ばかり

閉め方で全然雰囲気が違うので

土 燃料 焼き方 煙突引き 温度 空気量 窯詰め 人

色んな物事が絡み合い反応するので

これがまたやめられない

次は あんな感じで焼こうと決めたので

次の窯焚きの準備も


20181118_151253761.jpg玉切りも




20181118_151812115.jpg




20181115_160133181.jpg薪割りも





20181115_160103691.jpg始め




20181119_130816981.jpg茶碗作りも




窯出しした



IMG_20181119_214745.jpgザラザラ処理も


全て同時進行

やる事が山のようにあり

手伝ってくれる人が居るだけで

展示の声を掛けてくれる

幸せな日々だと感じられます。




味岡伸太郎さんと

硝子の栗原瑠璃華さんと三人で

地元のギャラリー入船さんで

灯の展示させて頂きます。



灯展DM




2018年12月8日「土」~18日「火」

豊橋市入船町11ー1

11時から18時

水曜休廊

0532-46-7888

良かったら

どうぞ


未分類 |

2018/11/13//Tue.
明日は


最近は家に帰ると

何もしなくて直ぐに寝てしまうだけ

そんな感じで

秋葉神社へ新しいお札を



20181027_111456887.jpg頂いてから

また

柿平の穴窯で




20181027_170621590 (1)窯詰めして


また

名古屋の新入りに


20181027_144815781.jpg手伝ってもらい



今回は

焼き直し中心の

74時間焼成で



20181106_094139624.jpg火入れして



熱くて窯の中に入れないので

入り口だけ


20181113_141326427.jpg空けて



明日の窯出しが



IMG_20181113_182523.jpg楽しみだ。




ここ最近観て来た映画は




IMG_20181022_231139.jpg日々是好日




IMG_20181026_231240.jpgモリのいる場所



マイケルムーア監督の



20181108_225345961.jpg華氏119



ニールヤングは

俺の曲を使用するなと

怒っていた。




















未分類 |

2018/10/24//Wed.
窯出し

前回の窯出し前は

ジャンボムカデに襲われる夢をみた。

今回の窯出し前の夢は

新幹線で川崎駅を通過中 巨大地震に襲われる夢を見た。

窯出し迄の、この悶々とした時間がたまらない 

いつも窯詰め時点で300%の最高の出来なので

窯出しを



20181016_134639212.jpgすれば


いつも

がっかりで

今回は土が全く違うので高温で引っ張れば


20181017_163046947.jpg勉強になりました。


DM用の壷が取れただけでも

ホッとした。

でも個展用の作品が全然足りない



作品の扱いのお話を頂いて

千葉県は房総半島の御宿という海辺の町へ



20181019_080918657.jpg出掛けた。



道中長そうなので

プライマルスクリームの新譜を




20181016_113029364.jpg聴きながら



軽自動車のドライヴはくたびれるけど

寄り道して


DSC_3969_R.jpg笠森観音






20181019_111936343.jpgミュージアムas it is

素敵だったわ




今週は814・815・816回目のガス窯の火入れをして

引き出し黒が少しだけ良くなった




DSC_3976_R.jpg気がした。


いつも気のせいだ












未分類 |

2018/10/14//Sun.
飯山

窯出しまで

悶々としてるので

縄文の



20181014_142730628.jpg聖地




20181014_134431768.jpg井戸尻考古館へ




20181014_133621831.jpg行って来ました。



東博とは全然違う資料館展示で

縄文だけの点数が多過ぎて

縄文土器のエネルギーが強すぎてクタクタですわ



サンリツ服部美術館

松平不昧公展へ



20181014_113836766.jpg行き



お久し振りに

本阿弥光悦の国宝茶碗・不二山を拝見したけど

前回観た時の口作りと見込みの印象がかなり違い

正面左に回り45度位からの見込み

黒と白の釉薬のバランスが山の稜線の様でとても素敵だった。


井戸尻の資料館の崩れた

山茶碗は




20181014_141132746.jpg大好物である


たまらん



今回の一番の目的は

どれも一番の目的だが




20181013_214907317.jpg飯山市へ



友川カズキliveへ



20181013_203840972.jpg行く事なんだわ


40年以上も活動してるみたいだけど

僕は今まで知らなくて

まだ知ったばかりで

こりゃ生でライヴで観ないといけない方なので

観てきましたけど

歌も歌詞もトークもたまらんわ



























未分類 |

2018/10/11//Thu.
窯焚き

半年振りに

柿平の穴窯で窯焚きをして参りました。

最近は手伝いに来てくれるのは嬉しいが

人が多過ぎなので初心に戻り

少人数でローテーション組んで

1人で火入れを開始しました。



20181006_091427263.jpg



20181006_091650440.jpg






何が困るって

第1に配給何だわ

僕が作くりゃ

猫もそっぽ向くような、猫まんまで

そんな中、料理人の方がイノシシのハンバーガーを作って



20181009_190355019.jpgくれた。




柿平で食べるハンバーガーは絶品だった。

そんな感じで

5日間の窯焚き最終日に

棚板の上に置いて焼成していた中壷が

姿を



DSC_3818_R.jpg消した。




こりゃ窯出しが


20181010_145356448.jpg楽しみだ。


ですが

来月、もう一度、火入れで

窯詰めがスカスカな予感がするので

先ずは茶碗を作り


20181010_210924186.jpg始める




この窯出し迄の悶々とした1週間は

やきもの屋さんにしか分からない

1週間だ








未分類 |

2018/09/30//Sun.
窯詰め

今週から

柿平で窯詰めが


DSC_3703_R.jpg始まった。


今回は

今迄で一番自己満足な窯詰め窯焚きになだろう


薪割りの仕事も




20180927_155403007.jpg



20180927_155806533.jpg入りました。



年内も作業が沢山ありますよ

先ずは玉切りから



先週の台風でトタンが飛んで

折角、乾いた薪がビショビショで



DSC_3718_R.jpgど嫌


今夜の台風24号のの被害が

本当にありませんように

祈ります。

もう一つ

台風25号も来てるのかよ

本当に勘弁して頂きたいです。


未分類 |

2018/09/17//Mon.
高麗青磁展

今週は

東洋陶磁美術館で開催している

高麗青磁展を


IMG_20180914_125955.jpg観に行きました。


陶器を作るのが好きで

その分、勉強不足を痛感し

透明度の高い瑞々しい青磁は



20180914_121604533.jpg美しい



観るなら

本当に良いものを観るように

優美な曲線の

伝世の龍泉窯飛青磁の最高傑作も観る



20180914_124442337.jpg美しいラインだ


大阪歴史博物館も


20180914_141518670.jpg好きな場所で


久し振りに

シネヌーヴォで


20180914_184653277.jpg土偶のドキュメンタリー映画を観て


半分寝てて

今週は

オリバーストーン監督とプーチン大統領の

ドキュメンタリー映画を借りて


51L8Zb8yA7L__SX341_BO1,204,203,200_観て



どっ久し振りに

地獄の黙示録完全版も借りて


61lYMCU0bnL__SY445_.jpg観たけど

内容を全く覚えてない

本当にすぐ忘れてしまう



こちらもべ十ナム戦争映画

ロバートデニーロの


91jQfqq8pKL__SY445_.jpgディアハンター観て




オリヴァーストーン監督の

プラトーンは隣町のスクリーンで

20180917_121215599.jpg観た


帰りは

生菓子買って帰る楽しみ


DSC_3620_R.jpg菊の露




ベトナム戦争もほんの50年前

映画でも色んな事を考えさせられます。



未分類 |

2018/09/04//Tue.
809回目

今日は台風が上陸する前に

809回目のガス窯の火入れは

試してみたかった

中低温での還元落とし




20180903_210030990.jpgしました。


何回焼いても窯出しは待ち遠しい。



隣町の桜が丘ミュージアムで

7世紀

古墳時代後期の

鳥紐蓋付台付壷を



20180829_125827949.jpg観て


この須恵器の蓋に鳥が装飾されてるのは

東海地方だけだそうで

珍しい逸品

欲しいやぁ



家に雑誌が置いてあったので

ペラペラ



20180825_083646488.jpg眺めてたら


ほんとに観てない映画が山ほどあるので


ウディ・アレンの



yjimage - コピーマンハッタン




内容は余り尾も白く無いけど

街並みと

最後のセリフと

ガーシュウィンの音楽が良いから

最後まで観れたのかな








未分類 |

| トップ頁へ | 次へ »

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad