FC2ブログ
2020/05/29//Fri.
窯出し

窯焚き後の

悶々とした1週間を終え

待ちに待った窯出しを



DSC_7357_R.jpgして来ましたが。





DSC_7410_R.jpg



最後をミスしてしまったので


狙ってた色とちょっとイメージが違い

残念な結果でしたが

次に活かせる良い部分もあったので

良しとする

なので

秋の窯焚きのために

薪を

手で


DSC_7303 (2)伐って




DSC_7309 (2)当たって




投げて

絶体に疲れたとか

弱音を吐かない

割烹タケウチ君

スキップしながら上り坂を



DSC_7608_R.jpg駆け上り





DSC_7619_R.jpg働く




DSC_7637_R.jpg働く






DSC_7645_R.jpg超人タケウチ


絶対に一緒に働きたくない人だ

でも本当に手伝ってくれるので

僕の仕事には

本当に助かります。

労働の後の

綺麗な夕暮れが疲れを




DSC_7664_R.jpg癒してくれます。


スポンサーサイト



未分類 |

2020/05/21//Thu.
春の窯焚き

春の窯



DSC_7246_R.jpg焚きを





DSC_7282_R.jpgして来ました。



コロナで自粛

今回の窯焚きは手伝いお願いしますと、なかなかこちらから言えないので

自分から行きますって言ってくれた方だけで窯焚きを行いました。

コロナなので4日間最初から最後まで全て行きますって



DSC_7230_R.jpg方や




今回はコロナなので止めておきますという方

それぞれ環境が違うので 自己判断でそれはそれで良しで

塊も爆発せずに無事にアクシデントも



20200516_231606246.jpg無く終わりました。




話すけどワイワイやりたくない

新入りや安定してきた影武者も



DSC_7241_R.jpg居るし



少し余裕があったので


20200515_150757693.jpgお茶積みしたり



20200516_173847012.jpg揉んだり





素焼きの壷で野焼きで

ご飯を


20200515_191046853.jpg炊いたり


柿平茶で



20200515_191943915.jpgお茶漬けしたり




20200517_203339059.jpg食事も充実して





今回はとても良い火入れが出来ました。

柿平の場所を提供してくれる戸田さん

本当にいつもありがとうございます。

この場所、窯があるので人が手伝ってくれるので

心から感謝します。

今回はとても良い雰囲気で窯焚きが出来たので

バイト代も奮発して

1時間 


20200517_204731698.jpg1カバで




20200517_204902064.jpgコロナと


現金

20200517_204803465.jpg支給できました。

 



いつも手伝ってくれる労働組合員

本当にお疲れさまでした。

また直ぐに薪割りも始めますので

連絡お待ちしております。



今回の火入れの儀式は

この曲で祈り

火の神とロックン・ロールの神のご加護だと思います。













未分類 |

2020/05/14//Thu.
窯詰め

僕の一番好きな穴窯の

窯詰めを



20200508_124851001.jpgして




20200508_184512427.jpg来ました。



今回

小物か少ないので詰めるのも

早そうだったけど

いつも通り

朝から深夜まで5日みっちり窯詰め

出来上がりのイメージが極上なもんで

それを想像しながら詰めてる時が何より

1番幸せだね

なので

後は安全祈願の

火の神様トップボスの


DSC_7211_R.jpg秋葉神社へ



DSC_7191_R.jpg


DSC_7184_R.jpg


DSC_7197_R.jpg




新しいお札に変えて買い出しして

消防に連絡して

お隣さんに伝えて

後は火入れをするだけだ

準備が整いました。



窯詰めの最中に

ロックンロールの神様の



20200512_114424180.jpg訃報が


飛び込んだ



DSC_7177_R.jpg



リトルリチャードを知ったのは

ビートルズが演奏してた Oh my soul がきっかけで

僕にはズバ抜けてカッコよくて

ビートルズじゃ無さそうだったので調べたら

リトルリチャードだった。











明日の火入れの儀式は

決まりました。

ご冥福を祈ります。









未分類 |

2020/05/05//Tue.
コロナで自粛

コロナで自粛の為

今は

ひたすら薪集め

柿平の帰り道

木を切る音がしたので




20200422_160925720.jpg飛び込み営業し


交渉成立して

玉切りして

1人じゃ仕事にならないので皆に


20200426_124333967.jpg運んでもらい


大統領にも



20200430_134355173.jpg運んでもらい



戸田さんにトラック借りて

柿平へ



20200426_155038797.jpg運び




20200428_110534913.jpg大割してもらい

ながら

今は

ひたすら



20200505_123158867.jpg壷作り


今週から窯詰めなので

今回は

蓮弁文壷祭りで

行こうと思います。

もう夏だぞ








未分類 |

2020/04/18//Sat.
ひとり段取り

コロナのお蔭で




20200410_102715049 (1)



お蔭じゃなくても




20200410_103619826 (1)




僕の仕事は個展以外にそんなに人に会わないので

1人で



20200415_131648126.jpg柿平へ行き




20200415_143702674.jpg薪割りしたり



1人で


裏山へ行き



20200416_110743507.jpg土を掘りに行き


1人で

ゴルフ場へ燃料を



20200412_121536760.jpg取に行き


1人で

泥染めの茶室へ



20200411_132131762.jpg入り


そこはまさに

2人で大人しく密な時間を数分過ごした事は

誰も知らない。

コロナに負けないように

来月は予定通り

窯焚きします。










未分類 |

2020/04/14//Tue.
法然院

大阪の画家 西村大樹さんと

京都の法然院さんにて

この御時世での二人展無事に終わりました。



DSC_6963_R.jpg




DSC_6919_R.jpg





DSC_6979_R (2)



DSC_6948_R.jpg





DSC_7052_R.jpg





DSC_7044_R.jpg



始めは3人展の予定で3年前位から計画をしておりましが

色々悩んで悩んで悩んで

御開帳の時に講堂を貸して頂ける事も、西村さんが10年間

毎年開催している信頼と御住職の御厚意もあり

僕は、どんな時でも発表をするのが仕事なので

2人展に変更して色々と気を付けながら開催することにしました。

先月の個展の時はコロナの影響を少しづづ感じ始め

このひと月でまただいぶ変わり

始めは個人店に少しでもお金を落として行けたら何て思ってたのが 

先ずは法然院の初日に志村けんさんが亡くなられて 

次の日には京都の大学から集団感染が出て

各地方での温度差はあるだろうけど

展示してるのが不謹慎の様な空気感

外で食事をしてるのも、悪の様な空気間漂い

絶対に移らない広げない様 寒過ぎる位の風通しの良さ

密になりそうなら放れて室内から出て 

外食はしたけど 余り長居はせずに早めにホテルへ戻り 

自粛自粛自粛 

展示しながら1日1日変化して行くので

どの様な対応、行動して良いのか今回の展示は本当に考えさせられました。


法然院、この季節のお客さんの数に比べたら本当に少ないですけど

距離を置いてゆっくり話せましたし、西村君と色んな事を考える機会や

とても良い出会いもあり、この様なご時世の中、作品も嫁いでくれたので

展示して僕はとても良かったと思っております。

またこれから自粛と言わせても 

活動したり発表したりして生きて生活をしているので

日々変化する状況でどの様な行動をとって行くか考え

もう こんな世の中になってしいまったのだから
 
この国のお偉い方々 馬鹿げた事言ってないで

俺が責任取るから1人の自殺者も出ない様に

敏速にしっかり保証しますからと言ってくれよ。

この1週間でまた 外食してるのも

良くない空気になって参りました。

医療機関の皆様 ありがとうございます。

感染された方

亡くなられた方

心からお見舞い申し上げます。

1日も早く平穏な日々に戻れますように。




DSC_7111_R (2)



新型












展示 |

2020/03/24//Tue.
873・874回目と80年代

873・874回目の

ガス窯の火入れしながら

僕の活力源

今回は80年代の

ニールヤングを聴きながら

1980年発売の



DSC_6857_R.jpgタカ派とハト派



80年代1発目

朝からこんな穏やかな1枚で始まり

2時過ぎに聴くような1枚だな



1981年発売の



DSC_6863_R.jpgリ・アク・ター


全体的に軽く攻撃的なサウンドで


Shotsが好き

でも

少し退屈だ



1982年発売の



DSC_6867_R.jpgトランス





海賊版の



DSC_6868_R.jpgトランスツアー




基本的にテクノは余り好みじゃ無いけど

楽曲はどれも良いから

アコースティックで演奏か

電子音楽を外せば

いいアルバムだと思う。



1983年発売の



DSC_6872_R.jpgエヴリバディーズ・ロッキン


テクノからいきなりロカビリーに行く所なんて

色んな意味で

この姿勢が素晴らしいです。



1985年のオールドウェイズは持ってないので

1986年発売の




DSC_6877_R.jpgランディング・オン・ウォーター



Pressureが好きだな

シンセサイザーが80年代を感じさせてくれる





1987年発売の



DSC_6881_R.jpgライフ



80年代のニールヤング

このアルバムが1番シケてる

からか

ここでレーベルが

ゲフィンから

リプリーズに戻り



1988年発売の



DSC_6882_R.jpgディス・ノーツ・フォー・ユー


ライフ・イン・・ザ・シティ・は

ニールヤングとホーンセッションで

ご機嫌な1枚

このアルバム好きだな


1989年最後に発売のフリーダムは

CDでしか持ってないので


締めくくれな買った。


80年代のニールヤングは

カントリー
テクノ
ロカビリー
ホーンセッション
シンセサイザー
ロック
アコースティック
轟音


これだって名曲が無い80年代って言ったら

怒られそうだけど

1989年の最後に

どえらい曲を落としてきて

僕は発売してかなり過ぎてから聴いたが

この曲でニールヤングを好きになった1曲だ

頭を鈍器でカチ割られた衝撃を受けた。

80年代のニールヤングは面白い








未分類 |

2020/03/13//Fri.
法然院

3月31日〜4月5日

法然院 / Robert Yellin Yakimono Gallery にて開催予定をしていました

「藤野征一郎 西村大樹 稲吉オサム When Stars Align 」は

昨今の情勢の変化に際し、プログラムを変更し

「稲吉オサム × 西村大樹」の2人展として法然院にて開催とします。

「 藤野征一郎 西村大樹 稲吉オサム When Stars Align 」は

延期し改めて開催する予定でいます。

また、Robert Yellin Yakimono Galleryでは

「 藤野征一郎・西村大樹・稲吉オサム 」の作品をご覧いただくことができます。

ギャラリーへの御来廊の際は、事前にてアポイントの上お越しいただければと思います。



89459392_506519440269191_7984216664210145280_n (2)



Honen-In Temple

INAYOSHI Osamu × NISHIMURA Daiki Tow-person show

March 31th - April 5th, 2020
Kyoto,Japan

稲吉オサム 西村大樹 2人展@法然院

2020年 3月31日(火) - 4月5日(日)


法然院 講堂(Honen-In Temple)

11:00-17:00(最終日16時迄)

会期中無休

http://www.honen-in.jp



法然院のお寺なら密閉された空間でもなく、山の麓に在り

僕らはこの御時世、コロナで観光客も殆ど居ないと言う事ですが

自粛より展示する事が必要と思い

1人でも楽しみにしてるからに見てもらえればの気持ちで

本当に人は少ないと思いますが

展示します。

お寺で夕暮れのカラスの鳴き声でも聴きに来てください

京都で予約したホテルも以前より値下がりし

個室に変更して

個人店で食事する

今回は悩んだけど

行きます。

久し振りの西村君との2人展

京都

良かったら

どうぞ


久し振りに

法然院



003 (3)ロケ地の




003 (2)瘋癲老人日記



観ようかな

この文子さん

最高






展示 |

2020/03/02//Mon.
個展終わりました。

3月15日に閉店する

昭和のデパート・旧豊橋丸栄 



DSC_6749.jpgほの国百貨店




閉店セールと



20200219_141454190.jpg同時に



ラスト個展

僕だけセールじゃないけど

無事に終わりました。

無事に終わっても困るけど




DSC_6796 (2)_R





DSC_6768_R.jpg




DSC_6806 (2)




DSC_6775_R.jpg




DSC_6771 (2)





20200227_180343025.jpg




地元で個展をするようになって4回

初めての時より年々観に来てくれる人が増えてきて

僕よりも若い世代も多く関心を持ってもらえるようになったのに

画廊が無くなるのはとても残念

色んな声が聴けて、やっぱり地元で展示が継続してできる方向で

どうにかしたいけど

このくらいの展示スペースが欲しいし

展示し終えた時に

あぁ仕事してたんだぁと実感できるんだわ

やっぱり多くの人に見てもらって地元の渥美の焼き物も知ってもらいたい

どうしたもんだか。


余り人前に出たくは無いが

個展はしないといけない

1週間毎日在廊してたけど

気を張って立ちっ放しの接客

毎日クタクタで

夕方には人と話してても焦点が合わなくなって

帰宅したら毎日爆睡よ

気持ちの良い疲れじゃなくて

疲れ過ぎだが

どっ楽しい1週間

この時じゃないと合わない方が殆どなので

改めていい仕事に就けたなと思いました。




終わった次の日の

小原流豊橋支部40周年の



20200227_171352386.jpg花展に



展示スペースを設けてくれたので

搬入して

活けて




DSC_6836 (3)もらいました。



自分の手を離れた展示なので

個展より恥ずかしくないけど

やきものも

華道も茶道も日本の伝統文化

僕ら若い人が全然居ないので

どっぷりじゃ無くても良いから

少しでも携わってくれる人が増えるよ良いな。


次の窯焚き段取りも仕事も



20200302_144820254.jpg沢山あるので



いつでも労働お願い致します。


本当にたくさんの方に足を運んで頂き




035 (2)ありがとうございました。











搬出終わって

地獄の黙示録ファイナルカット 約3時間

レイトショーでも観に行ったら

そりゃ後半ちょっとグダグダでマーロンブランド出て来た瞬間

寝てしまったわ

目が覚めたら

ぶった切りのシーンで目が覚めて終わってしまった。

初めてのIMAXxってので

凄い臨場感で

ヘリコプターの並ぶシーンはたまらんかったわぁ

寝てたけど。























展示 |

2020/02/17//Mon.
息抜きは

最近も

引き出して


20200208_231822052.jpg



窯出して


20200212_003359134.jpg



梶田絵具店へ


20200207_133010793.jpg金液


買いに行き


今年は久し振りに

国際陶磁フェスティバル美濃に





20200215_105141615.jpg応募したり


昨年は出さなかった

落選街道爆進中の

現代茶陶展にも懲りずに



20200215_104955948.jpg応募したり


ちょっと

映画観て


息抜きしたり



ダウンロード (1)


ダウンロード



20200216_232729223.jpgドキュメンタリー観たり



ライヴ行ったり

桜が丘ミュージアムで開催していた

アールブリュット


20200207_155638567.jpg観に行き


20200207_153329997.jpg


へたな現代アートっ言われてるのより

よっぽどか面白い

1日

1日が速すぎる

ほの国搬入まで残り2日間



received_1376413512560654.png


もう一度焼いて

作品リスト作って

荷造りして

この時がなんだかんだ言って好きだな












未分類 |

2020/02/01//Sat.
2月

あっと言う間に

1月が終わり

2月に突入してしまった。

1月は

栗の木を



20200112_111553195.jpg切って





20200112_124700494.jpg運んで



20200112_150822167.jpg積んで




20200114_092300303.jpg笑って



858・859・860・861・862・863回しか

火入れが出来なかった。

主に陶板と珈琲カップのみ



豊橋の中華菜館・蘭華さんが

新城市の玖老勢へ

移転するので

看板の


20200131_153942312.jpg陶板と



カウンターの


陶板を


20200131_152116178.jpg施工してきました。


いつも仕事場で作ってばっかりなので

やっぱり現場仕事が楽しいわ。

先ずは土堀りから

制作し焼成して展示個展して



土堀りして制作から現場施工まで

全て一貫して仕事が出来るのが

作り手としてはたまらんわい

仕事したって感じるわ

これからもう少し現場の仕事を増やして行きたいけど

身体が1つなので

薪割りもあるし

どこまでできるのやら

楽しい事しか思いつかん

この糊も



20200131_204817529.jpg思いつかんわ






1986年

ランディング オン ウォーター



DSC_6684_R.jpgニールヤング





DSC_6706_R.jpgルーリード





DSC_6688_R.jpgジョンリーフッカーの

音源

段ボールに入って売ってたので

分けてもらいました。



80年代に発表した

ニールヤングの音源だけ

聴いてると

カントリー

ロカビリー

トランステクノ

荒らしい轟音ロック

とバラエティーに富んでるので

良くも悪くも面白い

レコード会社がニールヤングらしい

こんなの作ってくれなんて言われたら

そりゃ僕でも

そうなるわ

このアルバム

1曲目がこれで

初めてニールヤングを手にして

聴いたら

次は

無さそうだ








未分類 |

2020/01/23//Thu.
ラストホノクニ

僕は

その昔 職に就かずフラフラしていた頃に

男はつらいよを観ていたが

いままで後半の男はつらいよを観て無かったので

満男と泉ちゃんの中心となる第42話から

すっかり忘れていたが

この第42話でお酒の呑み方を寅さんから教えてもらった。

ので

第42話 僕の伯父さん
第43話 寅次郎の休日
第44話 寅次郎の告白
第45話 寅次郎の青春
第46話 寅次郎の縁談
第47話 拝啓 車寅次郎様
第48話 寅次郎紅の花
第49話 寅次郎ハイビスカスの花 



もう一度 第50話 お帰り寅さん観てきました。

改めて 寅さんの言葉がいつの間にか

自然と自分の口から出て来ている事が分かった。

定職に就かず分かり易く直ぐ惚れる

帰ってこりゃ揉めてばかり

近くに居たら厄介な伯父さんそうだけど

絶体 手土産を持って柴又へ帰ってくる

愛筋義理人情とシャイで不器用で何かか抜けているけど

何故か惹かれる

いつの間にか影響受けてる

男はつらいよ




DSC_6495_R.jpg大好きです。


まだ公開してるので

良かったら



2020年2月20日 - 2月26日まで

ほの国百貨店で最後に個展をさせて頂きます。

閉店の知らせを受け急遽個展

模倣渥美の壷ばかりの地味な展示になるかもですが

殆ど裏山の土で張り切って行きたいと思います。

ほの国百貨店7階美術画廊

440-0888
愛知県豊橋市駅前大通2-10
0532-54-1211
10:00-18:30

最終日は午後4時終了


received_173573610405117.png




良かったら

どうぞ



展示 |

2020/01/01//Wed.
謹賀新年

謹賀新年

21世に突入して

あっという間の20年

陶器の仕事で仕事場を貸して頂き

あっという間の

いつの間にか奇跡の14年目の

私の元旦は

先ず松山神社に挨拶に行き

実家のご先祖様に挨拶に行き

大好きな仕事場へ


DSC_6461_R.jpg行き



入り口の杉の木も瀕死の状態で

だいぶ傾いてきた。

倒れる前に引っ越ししようと思っているが

なかなか物件が見つからず

まだホトトギスが



DSC_6462_R.jpg咲いている




今年は本当に暖かいので水仕事は助かるよ

なので

日曜日火入れの窯出し




DSC_6463_R.jpgして


荷が重くて少し冷めにくいので

窯出しも1日遅れ

と同時に

素焼きも


DSC_6464_R.jpg火入れして


陶板を




DSC_6476_R.jpg作って

今年は

康平君のお節で新年を




DSC_6451_R.jpg迎え


男はつらいよ第50作

おかえり

寅さん

少しでも早く公開日の年末に見ようか悩んだけど

我慢して

正月にどうしても見たかった映画




20200101_123129595.jpg観てきました。


始まりの

桑田佳祐の歌う

男はつらいよの主題歌は本当に勘弁で

これじゃ内容も不安でしか無かったけど

あっという間の2時間

感極まって

何だか泣けちゃう元旦でした。

第42・43・44・45作

観てから

第50作観ると

更に



20200101_200207680.jpg泣けちゃうかも


42・43・44・45

観て

もう一度

寅さん

観に行こう















未分類 |

2019/12/31//Tue.
蓮弁文壷

今週も本当に

あっという間の1週間

いや

あっという間の1年で

1日1日が速過ぎるわっ



足助資料館に

渥美の真っ黒な壷が展示してあるよって教えてもらったので

チラッと観てきました。



DSC_6406_R.jpg






首は無いけど

灰釉渥美蓮弁文



DSC_6405_R.jpg



この刻線文を観るだけの価値のある



DSC_6382_R.jpg壷で




表面処理と

剥離した灰釉の流れも

見どころ満載でした



もっと興味深い

刻線文の陶片が展示して



DSC_6422_R.jpgありました。



鎌倉時代初頭に


渥美の職人が足助に渡ったかどうかは

分かりませんが


塩狭間古窯が



DSC_6423_R.jpgあったそうで





DSC_6448_R.jpg



その窯で

蓮弁文壷が焼かれていた。

でも土の質感や焼き上りが違うので

文様だけ観てると渥美だけど

渥美じゃないんだなぁ

何で足助に蓮弁文が何であるのだろうか

分からんわぁ



今年最後に

856・857回目のダブルの火入れして

引き出し黒の珈琲カップを



20191229_225709466.jpg焼いてみた。


ジャリジャリの土で挽いたカップが


秒殺の



20191230_104808670.jpgダラダラ漏れで



笑っちゃうわ


なので

最近は聴く音源が無いので

懐かしいの聴いてます。

どっ懐かしいわぁってね
















渥美焼 |

2019/12/22//Sun.
今週は

今週は

渥美半島は

山茶碗の聖地





DSC_6372_R.jpg惣作古窯跡









DSC_6301_R.jpg皿焼古窯館




DSC_6319_R.jpg



イメージトレーニングして

みんな大好き


20191222_190542593.jpg坂東さん


観に行って


みんな大好き

竹内君の鯖好き



20191218_123857413.jpg食べて

久し振りに




20191222_143243960.jpg江戸へ



20191221_132916763.jpg映画を観たり



茶道具



20191221_164310871.jpg観たり


江戸のギャラリー



20191222_120900289.jpg散策したり



銀座ある

それも香水プンプンのHermèsギャラリー

お客様っ入るお店間違えてますよっ

て言われそうな

店の中央を通って

エレベーターで7階まで上がる

場違いな感じが楽しかった

そのギャラリーの方が

とても丁寧に解説してくださり

企画内容も楽しかったでわぁ

是非お勧め



念願の映画キルビルの舞台

権八で






一献酌み交わす

1週間が速すぎるわっ






未分類 |

| トップ頁へ | 次へ »

copyright (C) 稲吉陶器制作所 all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]